itフリーランスの年収事情

itフリーランスの年収事情は非常に興味深いです。
他の業界では考えられないほど、格差が広がっているのが現状です。
例えば、一部の高度スキルを有するスペシャリストは年収が1000万円を超えることも珍しくはありません。
しかしその一方で、収入が200万円程度で毎日休みなく働き続ける人もいます。
まさにピンからキリまで働き方が存在している職業だと言えるでしょう。
仕事上の役割分担も割とはっきりしていて、低年収の人が高度な作業をすることはあまりありません。

逆にハイスキルスペシャリストが単純作業をするケースも少ないです。
能力に見合った役割が細かく用意されているので、それぞれのポジションで力を発揮していくことになります。
ただ、どちらにせよ社会的な意義が非常に大きい仕事なので、やりがいは感じられます。
特に、インフラ系のプログラマなどは、社会を支えているという実感を得ながら毎日が過ごせます。
土木建築業と何ら変わらない、社会にとって絶対に必要な仕事をしていると思えば、少々辛いことでも我慢して頑張れます。

今後、社会のさまざまな部分でさらなるIT化が進められていくことがほぼ確実です。ですから、時間を経るごとにより一層重要な役割を期待されることとなるはずです。
今のうちから、他の人が簡単にできないほど高度なことができるようになっておくと、将来は安泰です。
しかも、人のためになる仕事なので、誇りを持ってやっていけるのがitフリーランスの魅力です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です